カーヴ・ド・リュニィが格安 2017年度赤ワインブルゴーニュ・ピノ・ノワールが安い |

多分樽の香りかな?タンニンも上品ですがやや酸味が強いかも。。赤ワインは得意ではありませんが、ピノノワールは飲みやすい味です。

コスパがいい!

2017年01月09日 ランキング上位商品↑

ブルゴーニュ・ピノ・ノワール カーヴ・ド・リュニィ 赤ワインブルゴーニュ・ピノ・ノワール[2013]カーヴ・ド・リュニィ(赤ワイン)[E][Y][A][P][H]

詳しくはこちら
 b y 楽 天 市 場

この価格でブルゴーニュです。リーズナブルな金額なのに!ちゃんとピノ・ノワールです。安いワインですし、合わせも選ばず気の置けない親友のようなお味でした。でもちゃんとピノ・ノワールしています。風味や味については好みがありますが!私はもちろん大好きでした。ただしコルクがプラスチックなのがめちゃくちゃ残念!あと五百円高くてもいいからちゃんとコルクにしてほしいです。07の評価としてはとても繊細であるということ。安いと不味いワインばかりですが、こちらは美味しく、スルスル飲めて、デイリーワインに便利です。ともかく透明感があって美しいルビー色のワインです。なんだか第三世界のワインみたいですよね。またリピートしたいです。大きく期待もしていませんが!けして外れない。リピートです。非常に飲みやすく!お鍋などとも合います。香りはナッツとかみたいな独特のアロマ。1920年代に協同組合が合併して設立されたカーヴです。価格を考えたらこれはありですね。さすがに、衝撃的なコストパフォーマンスは感じませんでしたが、普段飲みでなら全然ハズレではないです。味はピノらしい酸味に加えて!じわっと広がる果実の甘味。白ワインに強いワイナリーですけど!ブルピノも安定して美味しいです。ただし!コルクがプラなので!ソムリエに開けてもらって!自分ではコルクを見ないようにしましょう。タスマニアビーフのタジン鍋は◎でした。ピノでこのお値段はうれしい限りです。開栓直後は酸味が強すぎるので、デカンタして飲むか、1〜2時間放置してから飲むと、馴染んで柔らかくなりますよ。ピノ・ノワールがこの値段で購入できるのは珍しい!コスパは最高に近いですね。中身は伝統的で無骨で美味しいワインです。マコネーの総生産量の3割はこのワイナリーのものです。ピノノワールの特徴である酸味が強く、タンニンもほどよくきいていて、ブルゴーニュピノらしい味です。数年前にラベルが変わった・・・もう10年くらいになるかな?昔のラベルのほうが好きです。画家なので色にはうるさいですが惚れるくらい綺麗な色です。廉価で美味しくいただけてよかったですリピートです。濃すぎないので、赤ワイン初心者や苦手な人でも飲めそうです。価格も味もとても納得できたワインです。さて!このワインですが!あまたある1000円ブルピノの中では!僕自身最も信頼している造り手ですので!各ヴィンテージ安定して美味しいというのが印象です。ブルゴーニュピノのファンです。ジビエとかフォアグラにもいけそうなくらい!特徴のあるアロマですよ。他の方のレビューにもありますが、透明感があって本当に美しい色のワインです。いつも廉価なものばかりですので!たまには多少きばってみました。適度なコクもあります。またあの美しい色が見たいから。ステファン・タンザー氏によると2011のブルゴーニュは07と似ておりまずまずの評価です。ちゃんとピノのイチゴ系の味わいが有ります。1000円のブルゴーニュ・ピノということで半信半疑でしたが!思った以上に美味しかった。美味しかったですよ。2011は繊細さという意味では今ひとつ特徴を発揮するには若いですが!それでも心地いい酸味がいいですね。これだけで価値があるくらい。このワインはきっとリピします。お家で作る簡単イタリアンにはこちらのワインの軽さはぴったりでした。でもまあコスパは★五つでしょう。普通に若いブルゴーニュピノの合わせよりは、やや古酒をイメージするくらいでいいかもしれません。また!気楽に飲むように買いたいですね。かなり淡いルビー色。なかなかいけますよ!値段の安いブルゴーニュ・ピノノワールだったんで!正直どれだけのものかと思って試しに買ってみましたが!なかなか悪くなかったです。